あじかんごぼう茶の悪い口コミ:有機栽培じゃないけど大丈夫?

気になる口コミ

あじかんのごぼう茶がオーガニックではない事を心配する悪い口コミをチラホラ見かけますが、あじかんでは残留農薬の検査を徹底的に行っており、過度な心配は不要です。

念入りに調べてみると、あじかんの食品への安全への取り組みは、「世界レベル」と言える位の素晴らしいものでした

紅里
はかせ~あじかんごぼう茶の悪い口コミ見つけちゃった。有機栽培じゃないって大丈夫なの??農薬の残りとか不安にです・・。私はもちろん、赤ちゃんに飲ませるのはもっと駄目ですか??
T博士
ズバリ言うぞ紅里くん。心配ご無用ぢゃ!農薬を使っても安全な野菜はできるぞぃあじかんは消費者の安心安全をマジメに考える会社ぢゃ。食品づくりへの姿勢と実績のスゴさを知れば驚くぞぃ。

あじかんごぼう茶の悪い口コミは、ほとんど見当たらない

あじかんごぼう茶の口コミの内容の割合を見ると、悪い内容を書く人は少数派です。

もちろん商品を全肯定する内容ばかりではないですが、「慣れるまでお茶を煮出すのが面倒に感じたけれど便秘が治って良かった」というように、何かしらの形で良い感想を持つ人が多い印象を受けます。

オーガニック・有機栽培でないことを気にする口コミも

60万人以上という、多くの人が飲んだあじかんごぼう茶なので、否定的な内容の口コミも当然ありました

2ヶ月飲んでて今さら知ったけど、あじかんのごぼう茶ってオーガニックじゃないんだ!残留農薬とか放射性物質とか色々こわいこと聞く世の中だし少し不安になってきた。健康のために飲んでるのに不健康になったらどうしよう。
あじかんのゴボウって農薬使ってるみたいだけど、小さい子供もいる我が家で飲んでいいもかなあ・・・

この方たちのように、あじかんごぼう茶がオーガニックフードではなく、農薬を使用している事を心配する内容がマイナス口コミの大半を占めていました。最初の人のように、放射性物質を恐れて不安になっている人も多いです

食の安全への関心は高まるばかりですから、こうした不安を抱く方がいるのも無理のない事ですね。

有機栽培でなくても、安心安全面は問題なし

無農薬は安心・安全の象徴という間違った認識が広まっています。

有機栽培でもそうでなくても、体に悪い農作物は悪いですし、安全なものは安全というのが真実です。

あじかんのごぼう茶は農薬を使ったごぼうを使用していますが、その安全性への取り組みは素晴らしいもので、目を見張るものがあります。

減農薬栽培を徹底し、農薬が残るリスクは限りなくゼロ

農薬を使用するといっても、使用する量や農薬の種類は様々です。

あじかんのごぼう茶の原材料となるゴボウは、農薬の使用を極力抑えて、危険性の高い農薬を使わないという「減農薬栽培」を徹底して行っています。手間のかかる栽培法ですが、農薬を残さない方法なのです。

出荷前に残留農薬検査も実施

あじかんごぼう茶の原料を栽培している青森・茨城県などの農家では、あじかん本社工場へ出荷する前に品質検査をします。その結果、残留農薬の危険性が無いと判断されたものしか、あじかんごぼう茶の原料にはなりません

この検査は、厚生労働省の決めた高い基準を満たさないとクリアできない厳しいものです。

つまり、あじかんごぼう茶に使われているゴボウは、「国のお墨付き」を貰った残留農薬の心配がない、安全性の高いものなんです。

有機栽培以上の、安心安全への数々の取り組み

昨今では農薬だけではなく放射性物質の事も、食の安全とは切り離せない大きな問題です。他にも品質管理やの事など、気になる事は沢山あります。

しかし安心して下さい。色々調べましたがあじかんは消費者に安心と安全を届ける努力を常にしている企業だという事がわかりました。

真実を知れば、本当に飲み続けて大丈夫なのかな・・・なんて不安は、スッキリ解消するはずです。

GMP認定工場で製造

実はあじかんの自社工場は、客観的に見ても安全性が証明されています。

なぜかというと、厳しい第三者のチェックをクリアしないとなれない「GMP認定工場」だからです。

「当社の品質管理は最高レベルです」という企業の自己申告だけなら、完全に信頼できませ。しかし「あじかんを褒めても利益がない専門機関が認めた」という事実は、あじかんへの信頼の確信が持てるものです。

GMPの詳細(外部サイト)

数々の認証規格に準拠

あじかんは、国際的な食の安全を守り、向上させる規格に従って、食品メーカーとして活躍しています。

国際的な衛生管理法である「HACCP」の承認を受け、品質の管理システムの国際規格「ISO 9001」、食の安全管理システムの規格「ISO 22000」の承認取得・・・

一言で言えばじかん「国際レベルの品質や安全の管理ができる」という事です。そうでなければ、ISOの承認を取得するという事はできません。

第47回食品産業技術功労賞やモンドセレクション受賞、iTQi 優秀味覚賞受賞など、数々の受賞歴もあります。

放射性物質検査も実施

材料となる全産地のゴボウに対して、第三者機関と自社による検査を行っていて、「あじかんごぼう茶」として製品になった後も行っているそうです。

検査結果は会社の公式サイトで、結果を定期的に掲載しています(2012年のデータまでさかのぼれます)。

こうして数値という誤魔化しようのないデータをしっかり提示してくれるのは、本当に助かりますよね。

安心安全は完璧!味も栄養ももちろん凄いです

あじかんのごぼう茶を飲んだ第一声が「おいしい!」という人が1番多いんじゃないでしょうか。

食の安全や安心への配慮は、あじかんにとっては、できて当たり前の事なのかもしれません。

あじかんごぼう茶が日本を代表するごぼう茶の座を射止めたのは、安全性の高さは当たり前として、味が素晴らしいし、栄養の宝庫だからなんです。

甘いお茶をホットで、アイスで、時にはアレンジ・・・そんな楽しいティーライフを続けるだけで、食物繊維やポリフェノールなどを摂れるのが嬉しいんですよね

はじめての人にこそ「お試しセット」で飲んでほしい

ここまで読んで、あじかんごぼう茶への不安を無くすことが出来たのなら嬉しいです。

けれど、すぐに注文するのは待って下さい!

公式のショップで、はじめての方だけへのサービス商品・お試しセットが販売されているんです。

お試しセットは送料無料・税込み600円の激安価格ですし、お試しといいつつ量は結構入ってます。

あじかん 焙煎ごぼう茶

特に期待できる効果:
母乳、アンチエイジング、便秘解消

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★

ちなみに、あじかんごぼう茶は、Amazon・楽天・Yahoo・・・色々な所で買えますが、公式が1番安いので気をつけてくださいね。

はかせのまとめ

  • 悪い口コミはフタを開けると、味や効能とは別で、農薬への不信感ばかりぢゃったな。
  • あぢかんごぼう茶のゴボウが危険なんてとんでもない話ぢゃ。これだけ徹底してれば残留農薬の心配ゼロぢゃ。
  • あじかんは国際レベルで食の安全に取り組んでおる。放射性物質測定、工場内での管理体制、全て満点ぢゃな。