売上No.1あじかんごぼう茶は便秘改善効果もトップクラス

あじかんで便秘改善

便秘に悩む人は、国内で1000万人以上とも言われます。とてもツライ悩みですが、解消すればカラダもココロも軽やかになり、快適でハッピーな人生が開けてきます。

日本で一番売れているあじかんごぼう茶は、トップクラスの便秘改善効果を持つごぼう茶です。

紅里
はかせ~、便秘ってホント、きついです!肌あれの原因にもなるらしいし・・・。気軽に改善できる方法ってないですか?
T博士
そんな紅里くんには、あじかんごぼう茶がオススメじゃな。高いスッキリ効果があり、「飲むだけ」というお気軽さもグッドぢゃ。便秘はコワ~い一面もあるでのぅ。早めに治した方良いぞぃ。

つらい便秘はココロもカラダも蝕んでいく

便秘が続くと、心身ともに様々な不調が生じてきます。

ガンなど死に至る病の引き金となる事もあり、たかが便秘と軽んじてはいけません。

便秘によるカラダの不調の数々

おなかに溜まった便は腐敗が進んでしまい、悪玉菌がそれをエサに増殖してしまいます。

さらに悪玉菌が発生させた有害物質(毒素)は、カラダ中に行き渡り、様々な体の不調が出てしまうのです

肌あれ・吹出物

有害物質を便として排出できなくても、体は何とか外に出そうと機能し、肌=皮膚からの排出を試みます。

しかしこれは、汚れや余分な水分を出すという大切な任務がある肌に「毒素排出」という余計な仕事を押し付けるという事。

その結果、肌が満足な働きができなくなり、吹き出物が出来たり、肌荒れが起きてしまうのです

代謝が悪く痩せにくい体になる

毒素まみれのドロドロ血液を、サラサラにするために肝臓などの臓器がフル稼働します。

そうなると、脂肪を燃焼させる「代謝」のために使うエネルギーが減ってしまうため、痩せにくい体になってしまうのです

また長く腸内に便が留まると、便に含まれている本来排出されるはずの糖や脂質が、吸収され肥満の要因となります。

肩こり・腰痛・冷え性

血がドロドロになると血行不良になり、疲労物質が溜まりやすくなり、肩こりや腰痛に苦しむことも。

血行不良は冷え性の原因でもあります。

お腹の張り・おなら・口臭の悩み

腸に留まる期間が長いと、便は腐敗と発酵が進みガスを多く発生するようになり、お腹の張りや頻繁なオナラに悩み、時には腹痛に苦しみます

このガスは悪臭を持ち、血液を経由して肺に至り口臭となる事もあります。

数々の病気の原因となる事も

腸閉塞(イレウス)

腸の一部が詰まったり塞がってしまう病気で、発症してしまうと手術が必要である場合も多く、手術をしても死に至ってしまった例もあります

便通がスムーズでないと、トイレで「いきむ」回数や時間が増えてしまい、肛門付近の血管に負担をかけます。

また、排泄がスムーズでないと便が硬くなり、排出の際に肛門付近の皮膚を傷つけて痔になる事も。

大腸がん

なかなか排出されない便に含まれる発がん物質により発症します。

なお大腸がんは日本女性の死因第一位、男性第三位です。

大腸ポリープ

腸内菌のバランスの崩れなどが原因となり生じる、腸の内側の粘膜にイボ状の腫瘍です。

原因はハッキリ解明されていませんが、何らかの刺激によってガンへと変わってしまう事もあります。

動脈硬化

腸壁から余分に吸収された脂肪などが動脈に溜まることで、動脈がしなやかさを失い、血液がスムーズに循環できなくなります。

この状態で血を循環させるためには心臓に多くの負担がかかり、心不全や心肥大といった心臓の重病を発症する事もあります。

そのほか動脈硬化は心筋梗塞や、くも膜下出血などを引き起こす事もあります。

このように、便秘が原因となる「死亡例が多い病気」はとても多いです。

見過ごせない、ココロの不調

便秘のストレスの深刻さは思いのほか大きく、医学の世界ではうつ病の原因になるとも言われています。

また、血行不良によって脳に酸素や栄養が送られる量が不足し、頭痛や思考能力の低下といった事も起きます。

こうした脳の不調は、無気力やイライラ感といったココロの不調に繋がる事は言うまでもありません。

またストレスが便秘の引き金となる事もあるため、一度便秘になると「便秘→ストレス→便秘・・・」と嫌なループに陥りがちになります。

便秘の原因は、腸の働きが弱まるから

近年では食生活の欧米化が進んでおり、腸内の悪玉菌を増やす肉類の量が増える一方で、善玉菌を増やすのに必要な食物繊維や発酵食品の量が減る傾向にあります

こうした食生活により悪化した腸は、老廃物をコマメに便として出す働きが低下してしまいます。

ストレスによる自律神経の乱れや睡眠不足も、腸の働きを邪魔し便秘の原因になります。

あじかんごぼうには便秘を改善する力がある

水溶性食物繊維のイヌリンが腸をキレイにする

あじかんごぼう茶は、現代人に不足しがちな食物繊維をたっぷり含み、水溶性・不溶性食物繊維のバランスも理想的です。

中でも水溶性食物繊維イヌリンは、腸の中の老廃物・糖・コレステロールなどをキャッチして便となる性質を持ちます。

その上、善玉菌のエサとなる事で、正常な腸内環境づくりにも貢献。便を柔らかくする働きもあり、便秘解消のための優秀な存在です。

腸のために、いつ飲むのがベストなのか?

いつ飲むのがベストかの正解はありませんので、好きなタイミング・量で飲めば良いのですが、ダイエット効果も期待した場合は食前食中がより良いです。

ごぼう茶は、頻繁に使うと「大腸黒皮症」にかかる下剤と異なり、健康的に便の排泄を促す事ができる飲み物です。

あじかんは人気・実力ともにトップクラスのごぼう茶

60万人以上が愛飲した売上No.1ごぼう茶

売上げランキング常に最上位であるあじかんごぼう茶は、品質の面でもトップと言って間違えありません。

有名医師である南雲吉則氏が監修したこのごぼう茶は、5年連続売上一位・60万人以上が愛飲・220袋売上達成など、数々の記録を持っています。

素材がいいから、有効成分も多い

便秘解消の効果を期待するには、食物繊維の量が少なすぎるごぼう茶が世の中には少なくありません。

しかしあじかんのごぼう茶は、食物繊維たっぷりのゴボウ(国産の一級品)を丸ごと使っているため、食物繊維の便秘への効用がしっかり期待できる成分内容です。

残留農薬や放射性物質の検査もしっかり行っており、安全性も高いです。

まずは1週間、あじかんごぼう茶で便秘改善をお試し

あじかんごぼう茶で得られる様々な効果の中でも、便秘改善は実感できるまでの期間が短い傾向にあります

それもそのはずで、ごぼう茶のダイエットや美容効果はおもに、便秘が治る事によって引き起こされるものですからね。

あじかんごぼう茶の公式サイトでのみ販売されているお試しパック[税込600円・送料無料]は、1週間~10日程度で飲みきれる内容量。

あじかん 焙煎ごぼう茶

特に期待できる効果:
母乳、アンチエイジング、便秘解消

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★

この短い期間でも、イヌリンなどの成分によって便秘が改善に向かう可能性は大きいです

はかせのまとめ

  • 女性の死因第一位の大腸がんの原因でもある、便秘は怖いものぢゃ。美容ケアやダイエットの邪魔もするしのぅ。
  • スッキリへの道は、腸内をキレイにする事ぢゃ。食物繊維はしっかり摂らんといかんぞぃ。
  • 飲むだけで、腸をキレイにするイヌリンなどが、しっかり摂れるあじかんごぼう茶は、お腹が中々、スッキリしない人にピッタリぢゃ。